English

ALMA SF Workshop 2017a

ALMA SF Workshop 2017a

Program LOC/SOC

研究会概要

研究会タイトル

Star formation with ALMA: Evolution from molecular clouds to protostars

日程

2019 年 3 月 4 日 (月) 13:00 ~ 6 日 (水) 17:00

場所

名古屋大学 高等研究院 1階 カンファレンスホール (詳しくはこちら)

開催趣旨

星形成と母体となる分子雲は薄く広がった成分から分子雲フィラメントや分子雲コアなど非常に豊かな階層構造を有しており、そのサイズや密度は進化に応じて数桁に渡って変化するため、複数の異なる空間周波数レンジで観測することが非常に重要である。また最近のALMA等を用いた太陽系近傍の星形成領域の観測より、分子雲中の磁場や乱流が重要な役割を果たし、星形成現場に多様性を生み出していることが明らかになりつつある。またALMAは銀河系とは異なる環境(例えば、金属量や紫外線量)下にある系外銀河においても分子雲およびそこでの星形成活動を十分な分解能で観測することを可能にした。例えば、大マゼラン雲における観測では、銀河系で見られているような分子雲フィラメントが空間分解され、またホットコア領域では複雑な有機分子が検出されつつある。

開催計画/目的

本研究会では日本国内で行われているALMAを用いた太陽系近傍から近傍銀河における星形成領域の観測を俯瞰し、関連する理論研究も取りいれつつ、ALMA Cycle 7における観測戦略を考案することを目的としている。特に、分子雲フィラメントや分子雲コアなど数桁に渡った複数の階層構造を明らかにしていく観測が重要になるであろう。またそれらの階層構造を効率よく明らかにするためのプローブの有効性についても議論したい。例えば分子雲の広がった成分の分布を知るためにはCOや[CI]、星形成直前の非常に密度が高い分子雲コアの中心部においては重水素化合物などが有力視されている。これらの観測には広い空間周波数をカバーしつつ、高周波数のBandを用いた観測が必要になることもあるため、日本が開発したACA(Atacama Compact Array)やBand4,8,10受信機の積極的な利用を促進することも目的の1つとする。

講演時間

1人あたり25分程度 (議論の時間込み)

言語

基本的に英語であるが、日本語の発表も可 (発表スライドは英語を推奨)

その他

*本研究会は国立天文台ALMAワークショップとしての助成を受けております。 (詳しくはこちら)
*本研究会は国立天文台の研究集会等における託児支援事業を受けることができます。詳しくはこちらをご覧ください。

プログラム

pdfはこちら

Day 1

Session1 : Low-mass star formation & ISM in nearby molecular clouds (13:00-)

1 Opning Remarks
2 Kazuya Saigo NAOJ ALMA Cycle 7 capabilities pdf
3 Shigehisa Takakuwa Kagoshima Univ. Highest resolution ALMA Study of Protostellar Disks
4 Sanemichi Takahashi Kogakuin Univ./NAOJ Ring-Gap Structure in a Young Protoplanetary Disk by a Magnetic Disk Wind pdf
5 Torsten Stamer Nagoya Univ. Radiation Hydrodynamics Simulations of Brown Dwarf Formation: The lifetime of the First Core and its observational implications
6 Kazuki Tokuda Osaka Pref. Univ./NAOJ Revealing substructures of prestellar/protostellar cores in low-mass star-forming regions with ALMA pdf
7 Kazuya Saigo NAOJ Strange objects in the nearest mini cluster forming dense clump Barnard 59 pdf
8 Ryohei Kawabe NAOJ Oph領域で見出した極めて若い原始星候補天体のfollow-up観測 (仮題)
9 Kengo Tachihara Nagoya Univ. Molecular cloud formation and [CI] observations
10 Mehrnoosh Tahani Univ. of Calgary A New Method to Determine the Line-of-Sight Magnetic Field Structure in Molecular Clouds pdf
Day 2

Session2 : High-mass star formation in the Galaxy (protostellar scale) (09:30-)

11 Yumiko Oasa Saitama Univ. Investigation of the Initial Mass Function at Very Low-Mass Side: Is it universal?
12 Tomoya Hirota Mizusawa VLBI Observatory, NAOJ High-frequency High-resolution observations of High-mass young stella objects by High-excitation lines with ALMA pdf
13 Kazuhito Motogi Yamaguchi Univ. Hierarchical accretion in high mass star formation: from filament to protostar (TBD)
14 Kei Tanaka Osaka Univ./NAOJ Jets & Outflows in Massive Star Formation pdf
15 Yuko Matsushita Kyusyu Unv. Survey of Extremely High Velocity Sources pdf
16 Yichen Zhang RIKEN Probing the Envelope-Disk Transition around Massive Protostar pdf
Lunch Break
17 Takeshi Sakai UEC IRDC内の若いホットコアの化学組成について (TBD)
18 Kazufumi Torii Nobeyama Radio Observatory, NAOJ ALMA observations of the youngest Galactic massive star cluster RCW38 pptx

Session3 : High-mass star formation in the Galaxy (cloud scale) (14:30~)

19 Yasuo Fukui Nagoya Univ. Cloud-cloud collision: A comprehensive view updated pptx
20 Mikito Kohno Nagoya Univ. FUGIN: CO observations toward the giant molecular cloud complex W43: Dense gas and mini-starbursts at the tangential direction of the Scutum arm pdf
21 Atsushi Nishimura Nagoya Univ. M17SW のフィラメント・ファイバーの ALMA 観測
22 Kunihiko Tanaka Keio Univ. 銀河系中心の分子雲衝突(候補)領域の物理状態測定・星団形成活動について(TBD)
23 Rei Enokiya Nagoya Univ. Star Formation in the Galactic Center pdf
18:00- Banquet (Free discussion)
Day 3

Session4 : Star formation & ISM in the Magellanic Clouds/nearby galaxies (09:30-)

24 Toshikazu Onishi Osaka Pref. Univ. Molecular gas distribution in the GMCs in the Magellanic Clouds pptx
25 Ryohei Harada Osaka Pref. Univ. ALMA observations of high-mass YSOs in isolated environments in the LMC pdf
26 Ryunosuke Maeda Nagoya Univ. Formation of Massive Star Clusters by Fast HI Gas Collision pdf
27 Takashi Shimonishi Tohoku Univ. Observations of hot molecular cores in the Magellanic Clouds: Current status and future prospects pdf
28 Sarolta Zahorecz Osaka Pref. Univ./NAOJ Survey type observations to reveal hot cores in the Magellanic Clouds pdf
Lunch Break
29 Hidetoshi Sano Nagoya Univ. ALMA CO studies in the Magellanic supernova remnants pdf
30 Yumiko Yamane Nagoya Univ. SNR shock interaction with the molecular cloud toward N49 pdf
31 Masato Kobayashi Osaka Univ. Observational/theoretical investigations of GMC evolution in external galaxies including low-mass molecular clouds pdf
32 Kazuyuki Muraoka Osaka Pref. Univ. Revealing the roles of filamentary clouds in GMC evolution of M33
33 Kisetsu Tsuge Nagoya Univ. The cluster formation site in the Antennae galaxies; a new close look at the major merger forming super star clusters pdf
15:30-16:00 Discussion

Session : Free discussion

講演資料はパスワードがかけられています。詳細は、世話人までお問い合わせください。

 

講演及び参加申し込みについて

申し込みは締め切りました。講演なしの参加は当日も受け付けいたします。


世話人